支援する側の事情を想像する。

理由と根拠を明確に、手順を具体的に教えてもらえば「できる」ことが増えるASDの人は、わたしを含めてそれなりの数いると思います。

サンドイッチ作っといて

では混乱するとしても、

たまごサンドを2個作っといて、レシピはここにあるよ

であれば、上手にできたりするわけです。

 

この例では問題にならないことで、複雑な事柄になると問題になるのは、「定型発達の人の側が、理由と根拠を明確に、手順を具体的に言語化することに慣れていない」です。適当かつあいまいな指示で動いているのは、「そうとしか言語化できない」ことが一因なのだと推測しているのです。

だって、あいまいな指示がとんでくるのは、「定型発達同士ならそれでなんとかなる」からで、なんとかなることを努力する人は少ないですし、努力すれば上達し努力しなければ上達しないのは自明です。空気? でやりとりできるのであれば、言語化が苦手でも仕方がないと思うのです。

 

 

できないならできないで、それはかまいません

そのように言うASDの人は多いんですけどね。自分自身できなくてそのせいで責められてつらかった記憶がいろいろあるから、「できない」ことについて他人を責める意図はない。

しかし、定型発達の人には、「自分ができないと気づくと、認める代わりに怒り出す」人がときどきいます。ひょっとしたら「できない」とはっきりとは気づいていないのかもしれません。よくわかりません。怒る人はいます。

わたしなんかは、無駄に素直なので、相手が怒っていると自分が悪いことをしたのかなと思って原因を探し始めて、何かしら細かいことを見つけて(あいさつの仕方がわるかったかしら、とか)、間違った解釈をしてしまったりします。

 

 

わたしは「療育」の世界に住んでいるわけではありません。そうはいっても、ASDへの接し方の本には、「ASDに必要なことが、定型発達の人には負担なだけでなく不可能なケースもある」という内容は書いていないことが多いように思います。書いてあっても、扱いは小さい。

ASDは支援される側、定型発達は支援する側だからかしら。そこになんとなく上下関係が透けて見える気がするのは、わたしがひねくれているからでしょうか。

 

 

で、ASDの側が説明を必要としていて定型発達の側が説明できない、の解決策は何なのでしょう。ひとつは、補助ツールかなあ、と思ったりします。最近は素敵なマニュアルとかあるじゃないですか。そういうの。

ただ。ツールが世の中に存在しても、それを使わないと事態は改善しません。補助ツールを使う前提は、「これがないと困る」です。できないことをうっすらとでも認めることって、やっぱり必要です。怒らないでほしいです(個人的希望)。怒らなくてもものごとは解決できます。

 

言語能力が高いASDはそういう場面で役立ちやすいようにも思います。わたしに「できること」があるとすれば、そういうことなのかな、とも考えています。

 

共感の効果いろいろ。

共感の本、読み進めています。今読んでいるところでなかなかおもしろいと思った話↓ 共感=相手の考えることや感じていることを正しく推測する、とこの章では定義されていました。面白かったところだけ抜粋:

 

■ 共感は学習可能 カウンセラーのトレーニングで、カウンセリングの練習の後きちんと評価やなにがどうよかったとかわるかったとかをフィードバックしてもらった学生のほうが、カウンセリングにおける共感力が上がっていたのだそうです。ただし、感情に共感する力のみ上がっていて、考えを推測するという意味での共感力はたいして上がらなかったということでした。

■ 共感力と適応は相関する 共感力が低い学生はいじめの対象になりやすく、自己評価が低かったり日々が辛かったりする、つまり適応が悪い傾向があるとのことです。

■ 友人同士は共感しやすいとはいっても、これは、お互いが似ているとかではなくて、お互いについての知識が多いことが原因なのだそうです。よく「知っている」と、共感しやすいということですね。

■ 女性は男性より共感力が高いというのは確かにそうなんだけど、それは能力の問題ではなく、やる気と社会的圧力(共感力が高いはずだという期待に応えねばならないというプレッシャー)が原因なのだそうです。やる気になった男性と女性とでは、差はないってことですね。社会的圧力おそるべし。

 

徐々に、英語に慣れてきております。だいぶ速くなってきた。

 

 

発達障害と障害年金。

発達障害は生まれつきの障害ですし、病気や障害のために働けなかったり生活に支障が出ていたりする人がもらうのが年金である、という定義からすると、障害年金の対象ではあります。しかしこれ、正直言って「通りづらい」です。通りづらいというのは、たとえば統合失調症躁うつ病、知的障害と比べて、です。

絶対通らないとかではありません。主治医あるいはソーシャルワーカーに相談を。

 

年金の話全体はこちら→

asph29.hatenablog.com

 

なぜなんだ、障害で困っているんだから認めるのが筋だろう、って、そうなんですけどね。診断書を書く側の立場からいうと、「通る」病気/障害であればこころよく書けても、「通るかどうか微妙」な病気/障害では、躊躇してしまう医師が多いと思います。

 

 

診断書は、書くのも手間がかかりますし、診断書代は高くても病院勤務の主治医の給料は1円も変わりません。純粋な業務量増加です。また、患者さんにとってもお金と時間と手間がかかる申請なので、通らなかったら申し訳ない。実際、通らなかったからと責められるケースもかなりあります。けっこう怖いです。

 

 

証明しづらい、というのがいちばんの理由です。

 

知的障害は、知能検査である程度はわかります。知能検査の点数が低くて、生活にも支障があれば、知的障害のために生活に支障が出ていると考えてかまわないでしょう。統合失調症躁うつ病は、どういう病気なのか年金事務所もよくわかっていますから、病気にかかってからいままでの事情(病歴といいます)が統合失調症躁うつ病として典型的で、生活に支障があれば、病気のために生活に支障が出ていると考えて差し支えありません。

これに対して、発達障害は、知的障害や統合失調症躁うつ病ほどには「わかりやすく」はない。決定的な検査もありませんし、統合失調症躁うつ病ほど、どういう病気(障害)かが明らかなわけでもありません。医師によって判断がばらついたりもします。役所が「それは主治医の主観ではないのか」と疑う可能性があるわけです。

 

 

ここで大事なこと。判定するのは、主治医ではありません。本人でもありません。役所(年金機構)です。

 

 

発達障害と精神科の病気が両方あって、発達障害のせいで病気が重くなっている、というストーリーは「わかりやすい」ので、だいぶ通りやすくなります。わかりやすいというのは、役所にとって、ですよ。

 

 

ちなみに、知能検査では発達障害を「証明」することはできません。ASDらしさとかADHDらしさとかはわかるとはいえ、それだけで証明できるほどのパワーはないと考えられています。現に、行動やものの考え方が非常にASDらしい人でも、知能検査では「ASDらしさ」がほとんど認められない、なんてことはよくあります。

いくつか、「このテストが何点ならASD」と言われている検査もありますけれど、実施できる施設は限られていますし、レアすぎて「誰もが認める基準」が定まっていないのが現状です。

 

 

こんなにつらいんです、というのを並べても、それだけでは年金の対象になりません。

病気・障害が「原因で」いまの生活/仕事上の困難が発生している、という、結びつきが必要になります。この結びつきを、役所に納得してもらわねばならないわけです。

生活上の困難というのは、食事が食べられますか、風呂に入れますか、買い物には行けますか、などなど、非常に基礎的な問題のことです。まず、こういう基礎的なポイントで支障が出ている必要があります。

そして、結びつきが重要です。たとえば、躁状態で買い物に行くとお金を遣いすぎる人の場合、躁状態と買い物ができない件のつながりは明らかですよね。また、知的障害で計算が苦手な人が一人で買い物をするのが難しいというのはかんたんに想像がつきます。こういう「わかりやすさ」が求められるわけです。

躁状態や知的障害では買い物に支障が出るよね、というのは、少なくとも専門家にとっては、「ちょっと考えればわかること」です。これは、認められやすい。これに対して発達障害では、個人差も大きいですし、いまのところ、発達障害の「せいで」何にどう困るかは、「ちょっと考えればわかること」というほどの常識にはなっていません。

 

 

ちなみに、うつ病(単独)についてよく聞かれます。通りづらいし、主治医としては勧めたくないケースが多くあります。理由は、「治る病気」だからです。

 

年金は、一度通れば2年間(知的障害では5年間)もらえます。

統合失調症躁うつ病、知的障害は、2年後も「完治」はなかなか望みづらい。症状がなくても、予防はしたほうがいい状態であるとか、さすがに「完治」はないかなあ、というのが「常識」です。

そのいっぽうで、うつ病は「治る」可能性が高い。年金が2年間もらえるとして、その2年間のうちに完治したらそれってちょっと不平等な気がするわけです。それに、主治医の立場としては、とくに治療のスタートにおいては、「これから2年間、自分が一生懸命治療してもこの(治る病気であるはずの)うつ病は全然治らないと保証します」というのは、精神的にきついです。自分の治療が下手だという宣言? にも聞こえますよね。

また、まれに、「治ったら年金がもらえなくなるので、治ると困ります」とおっしゃる方もいるので、ますます気が重くなるわけです。

 

とはいえ、何度も繰り返すケースなど、ケースバイケースなので、主治医またはソーシャルワーカーに確認する価値はあるかもしれません。

「なんで怒られたかわかる?」といわれましても。

「なんで怒られたかわかる?」

「わかりません」

…… いまなら、この問答はやばい、と気づくことができます。わたしも成長したものです。こどものころは、わかるかどうか聞かれてわからないと答えただけなのに怒られるのが非常に理不尽である、と感じていました。そして、さすがのわたしも、「わかりません」はまずいらしい、と学習したわけです。

 

「なんで怒られたかわかる?」

(間違った答え)

…… なぜかよけいに怒られるわけです。正しい? 答えに至るまでやり直し、なんてこともありました。ここで、どうしていいかわからなくなりました。毎回、答えが違うんですよね。前回と同じ答えを言うとよけい怒られる、みたいなことが続くのです。似たような場面でも、相手によって答えが違う。同じ相手でも、時と場合によって答えが違う。たぶん、わたしの「場合分け」が間違っていたんでしょうし、ほんらいは学習の手がかりはどこかにあったんだろうとは思うのですけれど、何をどのように整理して場合分けすれば「正しい」答えに行き着くのかがわからない。

正解とその理由を教えてくれれば、怒られる前に予防できるんだけどなあ、といつも思っていました。テスト勉強もそうですよね。間違った問題を、正解と解説を読んで勉強するでしょう。間違えた、という情報だけもらうより、正解と解説があったほうがずっと効率がいい。

そもそも、怒るって、今後同じようなことをやらないためじゃないのかなあ、とか。

 

 

これね、わたしが見た目「外国人」だったとしたら、言わないんじゃないかなあとか思うんです。人類普遍の真理であるからわかっているのが当然、というわけじゃないだろう、と。たぶんローカルルール。というか、たぶん、「その人の」怒った理由。

「その人の」怒った理由など推測するのは無理です、というと怒られるんですけど、ふだん「自己中心的」と非難されるわたし(ASD)としては、ますます納得いかないわけです。自己中心的なのはどっちだ。

 

 

診察場面で、とくにASDの患者さんが、「こないだ怒られたんですよね」という話をしたとします。

「こないだ怒られたんですよね」

「なんで怒られたかわかる?」

「わかんないですけど、今思い返すと、(推測)」

いろいろ学びの機会になったりします。「なんで怒られたかわかる?」というフレーズそのものが悪いわけじゃない。何を言っても怒られない場面であれば、ゆっくり分析もできるし、一般化して今後に役立てることもできる。(わたしもASDなので、「絶対」正しい分析ができているとは言いませんけれど、経験は多いし言語化能力も高いし、ディスカッション相手としてはそれなりに役立つ……はず)

たぶん、定型の人も同じだろうとも思うんです。間違った答えでも怒られないほうが楽。答えにたどり着けないときには、正解と解説を教えてもらったほうが今後のため。ASDのわたしだから、ってわけでもないんじゃないかな、とか。

どうでしょうね。

 

 

表情を真似るとよいことがありそうな件について

相手と同じ表情を自動的につくってしまうことが共感と関連しているとして、その相手がどうなるのか、という研究がいろいろあるようです。

 

Aさんが相手と同じ表情をつくったときの相手の変化

・Aさんに対して親近感を持つ、好意的になる

・自分自身とAさんはいろいろな点で似ていると推測する

・Aさんに対して親切にしてあげようと思う

・Aさんだけではなく他人一般に対して親切になる

・知覚の仕方が変わる(!)

 

最後についてだけ解説。知覚の仕方の中でも、「ごちゃごちゃしたなかからパターンを見いだす」力が影響を受けるのだそうです。そもそも、

・パターンを見いだすのが得意な人 → 他人に影響されづらく、対人関係に鈍感

・パターンを見いだすのが苦手な人 → 他人に影響されやすく、対人関係に敏感

という関係があり、「相手が自分と同じ表情をつくる」という場面のあとにパターン認識のテストをすると、得点が下がるとのことでした。

というわけで、「相手が自分と同じ表情をつくる」というのは、自分と相手の関係だけでなく、自分と他人一般の関係とか、自分のパターン認識や対人関係への敏感さ、とかにまで影響しているようです。

 

 

以下、わたし自身の特性について。

 

わたし、パターン認識は得意です。知能検査にもパターン認識のテストがいろいろありますね。点数は高い。ということはつまり…… 対人関係のいろいろには鈍感ということですね。自覚はあります。対人関係のいろいろは(パターン認識においては)雑音だったのか! というのは言い過ぎにしても、です。

じつをいうと、「同じ表情をつくったとき」に何かが起きる、というよりは、「同じ表情がつくられないとき」に違和感を持つ、というのが実情に近いとのことでした。「相手の表情に反応して同じ表情を作るのが苦手」なわたしがしばしば違和感をもたれるのは…… これも一因かもしれません。パターン認識が得意だからいいもん、と開き直るにしても、相手に親切な感情を呼び起こしづらいのは、ちょっと残念な気もします。

さらには、「わかりやすく真似ると逆効果」なのだそうで、わざわざ努力するのも難しい。あきらめるしかないのかなあ。本は読み進めようと思います。

 

 

いま考えているからちょっとまってね、の件について

わたし、診察中にときどき、「いま考えているので少々お待ちください」と言うことがあります。薬をどれにするかとか、いろいろ考えて決めるべきことは多いのです。宿題にする手もあるけれど、外来ではそうもいかないことも多いです。

f:id:asph29:20211018053029p:plain

いや、当たり前といえば当たり前なんですけれども、どうでしょう。入力(インプット)・処理(プロセッシング)・出力(アウトプット)が、明確に分かれているイメージなのは、ASD特有なのでしょうかね。聞く・考える・話す、みたいなことです。

入力・処理・出力が分かれている人は、わたしを含め、ASDに多い印象ではあります。一部の人では、処理中に入力が入ると混乱します。ここが問題で、わたしの場合、診察中は集中力を最大に保っていますし、それなりの処理速度や作動記憶もあるので多少の割り込み入力には堪えられるとはいえ、日常生活で一定レベルを超えた入力が来ると誤作動します。

f:id:asph29:20211018054226p:plain

 

処理中のイメージとしてはこんな感じです。なんかぐちゃぐちゃになりがち。

とはいっても、「予期せぬ入力」にはそれなりの理由があります。話しているさなかに「処理中」になるものだから、相手としては「固まった」ように感じて不安になるわけです。

 

ただ、処理中に待っている相手側は、なにがなんだかわからないのが通例ですので、「いま考えてる途中」「インプット止めて」など、言えるといいですよね。これ、コンピュータの再起動画面で、「○%完了」のバーが出るみたいなものだと思うんです。止まってないよ、ちゃんと進んでいるしちゃんと終わるからね、とわかれば、待つのはずっとかんたんです。

「いま考えているのでちょっとまって」と言えてちょっと待ってもらえたら、混乱することが減って楽になる人、ASDに限らず多そうです。もし周りに話しているうちに混乱してしまう人がいたら、やってみてもいいかもしれません。

 

 

表情と感情が伝染してたぶん空気をつくる件

共感についての話、つづき。反射的な共感と表情の伝染についてです。例によって、ざっくりと。

 

要点:表情と感情は伝染する

 

相手が笑っていれば自分も笑う、相手が嬉しそうにしていれば自分も嬉しくなる、みたいなことです。わざわざ、ではなく、自動的に。この2つは、関連していることは確かで、どっちがどっちの原因か結果か、についてははっきりしていないらしいです。

さて。たとえば相手が怒っていて、怒った表情をしているとします。怒りの感情が伝染して、自分も怒るし、怒った表情を作ることになりますよね。もしかしたら、そこにいた3人目も、同様に怒って、怒った表情を作るかもしれません。全員が怒りを共有する、みたいなことが起こりそうです。なんか、雰囲気とか空気とか、作り出されそうな気がします。

たとえば相手が悲しんでいる場合。悲しみの感情が伝染して、自分も悲しくなって、(一瞬)悲しい表情を作ることになります。自分も悲しければ、相手に対して何かしてあげよう、という気持ちが高まるかもしれません。なぐさめるとか。

 

で、ここからがASDというかわたしの話(本には書いてないけど)。

わたし、相手の表情と同じ表情をつくるとか、相手の感情と同じ感情をもつとか、どうも苦手らしいんですよね。とくに、同じ表情を作るのが苦手で、作るとしても、意図的に作っている感じです。これで、いくつかの特徴が説明できそうな気がするんですよね。

まず、泣き落としが効かない。まあ、そうですよね。相手の表情が伝わらず、感情も伝わらないわけですから、「泣いているから」何かをしてあげようと、「反射的に」動いてしまう可能性は低い。泣いている「理由」「事情」には反応します。しかしこれ、冷静に対応している時点で、泣き落とし(非合理的な行動の強制)は失敗しています。

つぎに、感情的になっている相手を落ち着かせるのがわりと得意です。相手が感情的になっているときに、わたしにそれが伝わらず、わたしの表情も動かないとすると、動かない表情が相手には伝わるわけです。そうなると、相手が一瞬、わたしの無表情(?)と同じ表情を作り、わたしの平静な感情と同じ感情を持つことになります。これ、落ち着きそうですよね。なるほど。

雰囲気に巻き込まれないのもそうです。周りの表情や感情に影響されることができないので、その理由に反応するしかなく、反射ではないのでどうしても遅れる。そもそもそれって、雰囲気に反応してません。で、「水を差す」とかいって怒られる。まあそうですよね。わたしがキョトンとしていたら、それが周りに伝わってしまうわけですから。

感情労働にならないのもこれかなあ。事情には反応してますし、どっちかというと「親切」「熱心」と言われはするのですけれど、これも、事情(病気とか)とそこから推測されるつらさに反応しているといわれればそうです。

怒りに対して怒りで反応できず、恐怖しか感じず、結果的に戦うことができず単に逃げる、というのもこれかもしれません。

 

もちろん、この「表情や感情が伝染する・しない」だけでなにもかも説明できるわけではないのですけれど、これ、わりと原始的な反応でもあるようなので、そこがうまくいっていないことは、いろいろな現象につながっているように思うのです。